/

この記事は会員限定です

藻類でつくるジェット燃料 CO2リサイクルに有望

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ航空需要に回復の兆しがみられ、航空機が排出する二酸化炭素(CO2)の削減は待ったなしだ。その有望な技術が、微細な藻類の活用。藻はCO2から油をつくり、これを燃やせば実質的な排出を抑えられる。火力発電所などから出るCO2のリサイクルでも注目されている。

航空機から出るCO2は国際線だけでも世界全体の排出量の2%程度を占める。国際民間航空機関(ICAO)は排出が増え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン