/

この記事は会員限定です

安倍晋三氏国葬、世論分断のなかで 対象基準づくり必須

編集委員 大石 格

[有料会員限定]

安倍晋三元首相の国葬が27日、東京の日本武道館で催される。戦後の国葬は1967年の吉田茂元首相に次ぐ2回目。前例を踏まえ無宗教形式とし、自衛隊が19発の弔砲を撃つ。政府は会場設営、警備、外国要人の接遇などで16億6000万円の支出を見込む。

政府関与の首相葬儀、戦後11例

戦後の首相の葬儀に政府が関与したのはこれまで11例あった。このうち、吉田氏の国葬、佐藤栄作氏の国民葬、三木武夫氏の衆院・内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン