/

この記事は会員限定です

労働改善へ交渉と雇用増を ダニ・ロドリック氏

米ハーバード大教授

[有料会員限定]

グローバル化と技術革新の流れは、新たな機会を利用できる技能や富、人脈を持つ人に大きな恩恵をもたらした。だが、一般の労働者にとってはあまり喜ばしい状況といえなかった。

先進国では、労働市場の不安定さと不平等が拡大し、雇用の移転などによって多くの地域社会が取り残された。発展途上国では、標準的な経済理論によれば世界的な分業拡大で労働者が主な受益者になると予想されたが、最大の利益を得たのは企業側だったよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1723文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン