/

この記事は会員限定です

ルール形成の主導役目指せ EV時代の水素産業

梶川裕矢・東京工業大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○脱炭素が難しい産業は水素で活路模索を
○水素産業は規模や範囲の拡大を意識せよ
○国際的な基準作りのための研究と活動を

気候変動などの影響を緩和するため、カーボンニュートラル(脱炭素)社会を実現することは人新世を生きる我々が果たすべき重要なテーマである。未来ビジョンにすぎなかったこのような考え方が、昨今の急速な電気自動車(EV)の普及を端緒に、現実味を増している。

ESG(環境、社会、企業統治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2570文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン