/

この記事は会員限定です

[社説]危機感が感じられない診療報酬改定

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍は非常時に機能不全に陥ってしまう医療の問題点を浮き彫りにした。少子高齢化で医療制度を支える現役世代の負担が年々重くなっている日本の現状も踏まえれば、効率的でムダがなく、感染症危機や大災害にも対応できる医療体制を早急につくる必要があるはずだ。

だが岸田政権が決めた2022年度の診療報酬改定率からは、その危機感が伝わってこない。

診療報酬は保険医療の公定価格として厚生労働省が定め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン