/

この記事は会員限定です

中国のデータ収集、日用品でも アイン・コカス氏

米バージニア大学准教授

[有料会員限定]

米国など先進国の買い物客はここ数十年で最も高いインフレ率に直面し、価格重視でクリスマスの買い物を進めている。そして店頭に並ぶ玩具やプレゼントの大半は中国製で、その魅力は低価格にある。薄い利幅が圧迫されている小売業や消費者向け製品メーカーもコストを優先している。

企業は親や消費者団体から、感電や有毒塗料のリスクに対応するよう圧力をかけられている。しかし新世代のインターネットにつながる玩具などの製品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1536文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません