/

この記事は会員限定です

動き出す国家のサイバー捜査 海外連携、抑止に軸足

客員論説委員 土屋大洋

[有料会員限定]

2021年4月、宇宙航空研究開発機構(JAXA)など国内の企業や研究機関へのサイバー攻撃について、警視庁公安部が中国共産党員の男を名指しした。犯行や攻撃の実行者を名指しすることをアトリビューション、それを公表することをパブリックアトリビューションという。

ひそかにアトリビューションを行うことと、それを対外公表することとの間には、政治的な判断がある。多くのサイバー攻撃事案では、実行者が国外におり、そ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1359文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン