/

この記事は会員限定です

チョコもサステナブル重視 カカオ産地の課題解決支援

デンシバSpotlight

[有料会員限定]

チョコレートがおいしい季節になってきました。日本が輸入する主原料のカカオ豆は主に西アフリカのガーナやコートジボワール産です。カカオ産地では多くの子どもが過酷な労働に従事させられ、森林破壊による生態系への影響も深刻です。改善に向け日本の菓子業界が動き出しました。

不二製油グループ本社は2018年に「責任あるカカオ豆調達方針」を策定。30年までに、児童労働に頼らずに収穫されたカカオに全て切り替えるこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2859文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません