/

この記事は会員限定です

長生きが変える住宅政策 新築志向薄れストック重視

編集委員 大林 尚

[有料会員限定]

生活に欠かせないモノやサービスの国内市場規模を、人口推計を前提とせずに推し量るのは無意味だ。日本のように特異な人口動態の国はなおさらである。

たとえば住宅。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、世帯数のピークは総人口に遅れること約20年、来年にやってくる。単身世帯の割合は2020年の35%から40年には39%に高まる。大幅に増えるのが独り暮らしの高齢者だ。13%から17%になる。6世帯に1世帯...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン