/

この記事は会員限定です

ロシア経済の強さと弱さ 制裁に伴う在庫不足、大打撃

隈部兼作 ロシア・ユーラシア政治経済ビジネス研究所代表

[有料会員限定]
ポイント
○資源価格の高騰で輸出はなおも増加基調
○輸入は激減し原材料や部品の調達難しく
○ソ連崩壊後の混乱が再来する可能性低い

2021年のロシア経済はエネルギー価格上昇に支えられて4.7%のプラス成長となり、コロナ禍で2.7%のマイナス成長となった20年から回復した。4%台の成長は12年以来で、22年も3%前後の成長が見込まれていた。しかし2月24日に始まったウクライナ侵攻により、ロシア経済を取り巻...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2656文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン