/

この記事は会員限定です

スコープ3排出量の開示方法 坂本敏幸氏

日本エネルギー経済研究所理事

[有料会員限定]

カーボンニュートラルに向け、企業のバリューチェーン全体の排出量を示す「スコープ3」の重要性が増し、開示の動きが活発化してきた。環境報告書などの任意開示にとどまらず、会計基準に基づく義務的開示も広がりつつある。

ただし、任意開示と、法律(金融商品取引法)に基づき虚偽記載には罰則もある有価証券報告書における開示とでは性格が異なる。スコープ3の排出量は第三者からのデータ提供によってのみ把握できるもので...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン