/

この記事は会員限定です

「デジタル憲法」論の始動 岸田臨調や公明党の視線

編集委員 清水 真人

[有料会員限定]

岸田文雄内閣のデジタル改革で、憲法が掲げる「個人の尊重」が焦点に浮上しそうだ。デジタル臨時行政調査会は成長力を高める規制改革や行政組織・法令の刷新を検討。この変革の理念として企業の利害や国・地方の垣根を超え、個人の人権保障から捉え直す提言がなされている。先の衆院選では、与党の公明党も個人情報保護の憲法への位置づけなどを提唱した。「デジタル憲法」論議が始まった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2721文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン