/

この記事は会員限定です

グローバル化と経済安全保障(8) 政府が進めた法制化の柱

亜細亜大学教授 久野新

[有料会員限定]

2020年12月、自民党は経済安全保障戦略の策定に向けた提言を発表しました。そこでは「戦略的自律性」の維持・強化と、「戦略的不可欠性」の獲得という、2つの考え方が示されています。

戦略的自律性の強化は、感染症のパンデミック(世界的流行)や地政学的リスクにも耐えるよう重要産業の脆弱性を克服し、自律的な経済社会を構築することです。重要物資のサプライチェーン強化や重要インフラのサイバーセキュリティー対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り634文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン