/

この記事は会員限定です

課題解決の精度高まる データから社会を読む

笹原和俊・東京工業大学准教授

[有料会員限定]
ポイント
○ビッグデータで社会を見渡す視点を得る
○SNS上の生の声が課題解決の手がかり
○不確かな情報の氾濫が深刻な社会問題に

デジタル技術の発展によってオンライン(インターネット)であれ、オフライン(実世界)であれ、人々の行動や社会・経済活動の詳細が電子的かつ大規模に記録されるようになった。

このような新たに利用可能になったビッグデータと情報技術・数理手法を活用して、個人や集団、社会や経済をこれまでに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2537文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン