/

この記事は会員限定です

グローバル化と経済安全保障(1) 高まる外国依存への懸念

亜細亜大学教授 久野新

[有料会員限定]

経済的な相互依存が進めば、国家間の紛争リスクも低下するはずだ――。1947年に署名された関税貿易一般協定(GATT)はそうした期待に基づいて設計され、戦後の貿易自由化を推進してきました。「グローバル化による経済的利益の追求」と「安全保障の追求」は必ずしも矛盾する関係ではなく、むしろ相互補完的であると期待されていたのです。

95年に世界貿易機関(WTO)が誕生すると、関税だけでなく、小売り、通信、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り639文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

やさしい経済学

ニュースなどで注目される経済学の最新トレンドを、気鋭の学者や有識者がわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません