/

この記事は会員限定です

アナリストは強気すぎないか 年末株高論に一抹の不安

編集委員 川崎健

[有料会員限定]

日本株の上値が明らかに重くなっている。21日の日経平均株価は2万8000円前後の狭い範囲での小動きに終始した。市場に広がる米インフレのピークアウトやこれを受けた米連邦準備理事会(FRB)の利上げ鈍化の観測が本当であれば、例年の「年末高」の展開も十分期待できるはず。それなのに日本株がいまいち強気に転じきれない裏には何があるのか。

「期待が高すぎるのではないか」。シティグループ証券の阪上亮太株式スト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません