/

この記事は会員限定です

米中対立、真珠湾の教訓 決裂をどう避けるか

本社コメンテーター 秋田浩之

[有料会員限定]

1941年12月8日(現地時間7日)、旧日本軍がハワイの真珠湾を攻撃し、米国と開戦してからまもなく80年になる。

日本は初めから、米国と戦うつもりだったわけではない。31年の満州事変などをきっかけに、中国をめぐる日米の対立が深まり、日本の選択肢は狭まっていった。

80年前の歴史は何を語りかけているのか。現在は米中の緊張が高まり、台湾海峡での戦争の危険もささやかれる。

歴史は決して単純には繰り返さな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1875文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

秋田 浩之

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン