/

この記事は会員限定です

試行錯誤増やし抵抗減らせ イノベーション誘発の条件

清水洋・早稲田大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○大企業の取り組みだけでは新規性に限界
○国はスタートアップの研究開発の支援を
○抵抗回避へ人材流動化や再教育を進めよ

イノベーションには新しい知識が含まれている。知識は非競合財である。競合財は石油や車など誰かが消費すれば他の人の消費が制限される。一方、非競合財は誰かが消費しても他の人の消費の制限にならない。例えば小説や音楽などのコンテンツ、レシピなどだ。

非競合財はわずかな費用でコピーできる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン