/

この記事は会員限定です

効率的な都市形成の契機に コロナ後の都市・住宅政策

山鹿久木・関西学院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○三大都市圏の中心部への転入者数は減少
○テレワーク、人・企業の移動に様々な影響
○都市のスポンジ化回避へ人々の誘導重要

国土交通省によると、東京圏の主要区間の平均混雑率は、19年の163%から20年には107%に大きく低下した。東京都市圏では通勤混雑ピーク時の平均混雑率を150%程度にすることが目標だったが、あっさり下回った。新型コロナウイルス禍での通勤自粛、時差通勤・登校の影響だ。

内閣府の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2673文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン