/

この記事は会員限定です

技術育成へ官民協力が急務 経済安全保障の焦点

兼原信克・同志社大学特別客員教授

[有料会員限定]
ポイント
○半導体と重要鉱物資源の供給網強靱化を
○重要インフラではゼロリスク主義で臨め
○国がリスク負い民生技術育てる仕組みを

2021年、国際社会で経済安全保障の焦点となったのは、サプライチェーン(供給網)の強靱(きょうじん)性の問題だ。

主要7カ国(G7)議長のジョンソン英首相が諮問した「経済の強靭性に関するG7パネル」に筆者も参加した。その報告書では、市場原理に従い毛細血管のように地球的規模で広...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2596文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン