/

この記事は会員限定です

「連銀に逆らうな」は有効か 山川哲史氏

バークレイズ証券調査部長

[有料会員限定]

金融市場における現下の最大の関心事は、米国を中心としたインフレおよび金融政策だ。デフレ懸念がまん延した昨年とは対照的に、資源価格高騰、サプライチェーン(供給網)上の制約、財政拡大と一体化した金融緩和による高圧経済など、インフレを巡る議論には事欠かない。

「柔軟な平均インフレ率ターゲット(FAIT)」を基軸に金融緩和を続けてきた米国連銀(FED)も、米連邦公開市場委員会(FOMC)でよりタカ派的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1036文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン