/

この記事は会員限定です

障害者の能力生かす研究環境を 東大先端研の挑戦

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

障害を持つ研究者が活躍できるインクルーシブ(包摂的)な教育研究環境をつくる試みが、東京大学先端科学技術研究センターの研究者らを中心に進んでいる。大学における教育・研究の機会の平等を確保すると同時に、多様性豊かな組織や研究チームが示す高い生産性を実証するのも目的だ。

東京・駒場にある東大先端研の一室。車椅子で移動しやすいよう実験台やテーブルが間隔に余裕を持って配置されている。顕微鏡を置いた机などは高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン