/

この記事は会員限定です

コロナ禍で問われる科技政策 社会的課題の解決を

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

経済協力開発機構(OECD)が1月に公表した「科学・技術・イノベーション展望2021(Science, Technology and Innovation Outlook 2021)」は、世界の多くの国がこれまでにない迅速さで科学技術の研究能力を動員し新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)対策に貢献したと分析している。同時に科学技術・イノベーション政策の限界もあらわになったとも指摘する。報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン