/

この記事は会員限定です

河川の氾濫を1日以上前に警報、精度向上 早め避難に

[有料会員限定]

水害が毎年のように起きている。直前に避難指示が出ても夜間や大雨の中の避難はかえって危険だ。東京大学生産技術研究所と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が取り組む「Today's Earth Japan(トゥデイズ・アース・ジャパン)」は、降雨量などの実測データから洪水発生の予測を目指す。氾濫の1日以上前に警報を出せるメドが立ってきた。

全国を約1キロメートル四方に区切り、気象庁が観測した降雨量などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り661文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン