/

この記事は会員限定です

「10年ぶり日本買い」にワナ 不動産マネー、成長に回せ

本社コメンテーター 梶原誠

[有料会員限定]

海外マネーが日本の不動産を買っている。日本経済が地盤沈下から巻き返すきっかけになるのか。

「もちろん、これからも日本での投資を増やす」。先週、東京を訪れていたキャサリン・マッカーシー氏は強気を隠さなかった。米大手投資会社ブラックストーン・グループで、預かり資産3200億ドル(約46兆円)を誇る不動産投資部門を率いる人物だ。

同社は日本でも1兆円以上の不動産を持つ。2021年は近鉄グループホールディングス

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2036文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

梶原 誠

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン