/

この記事は会員限定です

米国株を待つ厳しい夏 「タカ派FRB」と神経戦

編集委員 川崎健

[有料会員限定]

久々に市場に姿を見せた今回のクマは、かなり手ごわいかもしれない。米国株は先週末、S&P500種株価指数が弱気相場(ベアマーケット)に一時突入した。クマを招き寄せたのは他でもない、インフレ退治の決意を強める米連邦準備理事会(FRB)だ。米国株には「タカ派のFRB」と神経戦を迫られる、厳しい夏が待っている。

ベアマーケットは52週高値からの下落率が20%を超える下げ相場を指し、この節目を割る

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1421文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Market Beat

世界のマーケットを俯瞰しながら、最先端のトピックやテーマをベテラン記者が独自の視点で取材・分析するコラムです。市場の動きを通じて世界経済の今をお伝えします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン