/

この記事は会員限定です

[社説]欠陥が多い「空箱上場」の解禁は慎重に

[有料会員限定]

企業買収のみを目的とした「特別買収目的会社(SPAC)」と呼ぶ特殊な企業の上場が米国で大きなブームになっている。投資家保護の観点からは欠陥が多い投資対象と言わざるを得ず、日本での解禁は慎重に考えるべきだ。

SPACは未公開企業を買収することのみを目的に設立した、いわば「空箱」のような企業だ。未公開企業と合併し、買収先が存続会社となって上場会社になる。

金融緩和によるカネ余りで、大量のマネーがSPA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン