/

この記事は会員限定です

自ら沖縄に耳を傾けた理想主義者 モンデール氏死去

元米副大統領・駐日大使

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「沖縄の人々の声に耳を傾けたところ、普天間基地の問題を避けて通れないと思った」

1996年4月、橋本龍太郎首相との共同記者会見で、ウォルター・モンデール駐日米大使は普天間返還に同意した理由をこう説明した。日本政府が望むから仕方なしに応じるのではない。自分の判断だ。そうした心情が、会見場にいて伝わってきた。

19日に死去したモンデール氏は93年に大使に着任すると、日本政府とのやりとりを通じてではなく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り845文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン