/

この記事は会員限定です

マスク氏Twitter買収案、言論インフラ防御策に再考の時

法務インサイド

[有料会員限定]

米起業家のイーロン・マスク氏による米ツイッター買収提案の行方が注目されている。通常の企業買収と違うのは、ツイッターが世界に約4億人の月間利用者を抱える言論インフラである点だ。だが、大手のSNS(交流サイト)運営会社といえども特別な規制で守られているわけではなく、対抗策は限られているのが現状だ。

買収提案を受け、ツイッター側はポイズンピル(毒薬条項)を採択したほか、友好的な買収者(ホワイトナイト)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン