/

この記事は会員限定です

[社説]侵攻が招く世界経済の下振れに結束示せ

[有料会員限定]

ロシアのウクライナ侵攻で世界経済の減速懸念が高まっている。国際通貨基金(IMF)は19日改定した世界経済見通しで2022年の実質成長率予想を3.6%と1月から0.8ポイント引き下げた。

各国にはインフレの抑制と成長の持続を目指した注意深い金融・財政政策の運営を求めたい。打撃が深刻な新興国への支援では、当局間の連携も大事になる。

実質成長率は21年の6.1%から大きく鈍る。23年も22年と同じ3....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン