/

この記事は会員限定です

GPIF、貸株解禁へ始動 受託者責任果たす方針

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

長年書き続けてきた本コラム「マーケット反射鏡」も今回が最終回。世界の株式相場はウクライナ情勢なども加わり、神経質な展開が続いているが、どこまで下がるか見定めようとしている長期投資家も多い。願うことは日本が再び世界の国々から一目置かれる存在に復帰することだ。いろいろ課題が多かった年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も、受託者責任を果たそうと、貸株を解禁する方向で動き始めた。

笑うに笑えない話...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2552文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン