/

この記事は会員限定です

中国と台湾、TPP加盟の条件 飯野文氏

日本大学商学部准教授(国際経済法)

[有料会員限定]

環太平洋経済連携協定(TPP)の新協定である「TPP11」(CPTPP)に中国、台湾が加盟申請した。この申請は現署名国にとって非常に微妙な問題である。TPPの有効性を維持する観点からは取り得る選択肢は限られる。

一つは中国、台湾、米国の同時加盟を目指すものだ。台湾は「独立の関税地域」として加盟することになる。世界貿易機関(WTO)にも、台湾はこの位置づけで中国とほぼ同時に加盟している。

TPPは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン