/

この記事は会員限定です

「情報的健康」目指す仕組みを データから社会を読む 

鳥海不二夫・東京大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○不適切な情報選択が社会問題につながる
○直感に頼る判断と注目経済が偏りを加速
○自身の情報の偏りを知るのも解決の一助

現代社会は情報にあふれている。情報収集に使える時間の中ですべての情報を確認することは到底かなわない。従って、取捨選択こそが重要である。その方法として多くのサイトに導入されているものに、推薦システムがある。興味にあった情報を優先して表示してくれる推薦システムは、限られた時間で情報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2580文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン