/

この記事は会員限定です

日銀、物価2%超でも動かず 緩和策揺さぶるのは円安

編集委員 清水 功哉

[有料会員限定]

今年度の消費者物価上昇率は目標の2%を超えるものの、その状態に持続性はなさそうで、当面政策を修正する必要はない――。日銀は21日の金融政策決定会合で長短金利を低く抑える政策の継続を決めるとともに、そうしたメッセージを発した。

今回の決定会合は、日銀に大胆な金融政策を求めてきた安倍晋三元首相の死去後、初の会合でもある。同氏の死去により日銀の政策修正に向けた自由度が上がるとの見方も一部にあったようだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1486文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン