/

20日のプラス9 中国、自衛隊機型のミサイル標的設置か

日本経済新聞が複数の専門家と衛星写真を解析し、中国が新疆ウイグル自治区の砂漠地帯に日本の自衛隊が運用する早期警戒管制機と同じ形状の構造物を置いていることがわかりました。今夜のBSテレ東「日経ニュース プラス9」(午後9時54分~、https://www.bs-tvtokyo.co.jp/plus9/)では、分析を担当した日経の綱嶋亨記者と政策報道ユニットの永井央紀デスクが、映像の意味や中国の狙いを解説します。笹川平和財団の小原凡司上席研究員による新たな「発見」もお伝えします。

「Zのギモン」は、入社式で新入社員が「退職届」を読み上げるなどユニークな人事制度に取り組んでいる面白法人カヤックの柴田史郎執行役員がゲスト。日経の石塚由紀夫編集委員とともに、新たな働き方について議論します。

「マネーのまなび+9」のテーマは前回に引き続き、「円安は得か、損か」。多摩大学の真壁昭夫特別招聘教授が、円安を歴史から分析します。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン