/

この記事は会員限定です

改革へ社会的一体性、再生を 「新しい資本主義」の課題

S・ルシュバリエ 仏国立社会科学高等研究院教授

[有料会員限定]
ポイント
○日本型資本主義の総体見据えた改革必要
○不平等感が高まり社会の二極化の兆候も
○成長の果実を共有できる制度設計が重要

岸田文雄首相が提唱する「新しい資本主義」を巡っては、漠然としすぎていて中身がないとか、大衆迎合的だといった批判の声が聞かれる。筆者は今こそ日本型資本主義を再構築すべき時だと考えている。本稿ではその理由を説明したい。

戦後日本の高度成長の原因については何通りかの説明が定着してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン