/

この記事は会員限定です

ノーベル賞が映す経済学(10) 新たな課題が問う「存在意義」

学習院大学客員研究員 前田裕之

[有料会員限定]

市場はときに「失敗」するが、やがて価格の調節機能が働き、最後は「均衡点」に落ち着く――。

経済学賞の草創期から現在に至るまで、多くの受賞者を輩出した「新古典派」と呼ばれる主流派経済学の見方は一貫しています。政府の介入を求めるケインズ経済学を奉じる学者たちも受賞していますが、資本主義や市場経済を否定するような論陣を張る学者は受賞していません。この路線は変わらないでしょう。

そんな経済学界に、厳しい視...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン