/

この記事は会員限定です

ノーベル賞が映す経済学(1) 遺言にはなかった「記念賞」

学習院大学客員研究員 前田裕之

[有料会員限定]

ノーベル賞の季節が近づいてきました。物理学、化学、生理学・医学、文学、平和の各賞とともに、経済学賞にも注目が集まります。経済学賞の歴史は50年を超え、経済学の発展に大きく貢献した学者たちが受賞して権威を高めてきました。ただ、経済学賞には他の各賞とは異なる側面があり、選考が適切かどうか、たびたび議論の的になる賞でもあります。

「ノーベル経済学賞」は俗称です。「アルフレッド・ノーベル記念 経済科学にお...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン