/

この記事は会員限定です

安倍晋三元首相の国葬、法的根拠や国会関与巡り論争

編集委員 清水 真人

[有料会員限定]

元首相の安倍晋三の国葬が27日に迫った。マスメディアの世論調査では反対が賛成を上回る。国葬を早々と決断した首相の岸田文雄の説明不足に加え、安倍や自民党と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関係を巡る問題が色濃く影を落とす。国葬の法的根拠や実施基準、国会関与のあり方など多様な論点も浮かび上がってきた。

「行政権の範囲内」と岸田首相

「こうした国葬が立法権、司法権、行政権のいずれに属するのか。間違い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2586文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン