/

この記事は会員限定です

コロナ下での街づくりを考える

時流地流

[有料会員限定]

◆星野リゾートが15日、京都市に都市型観光ホテルを2軒開き、秋にもう1軒開く。いずれもコロナ禍などで閉鎖したか計画途中で止まっていた物件の運営を引き受けた。外国人観光客需要を見込んでホテルやゲストハウスが急増した京都はかねて客室が供給過剰と言われたが、同社は近隣の寺社と協力したプランを開発するなど、コロナ後を見据えて動く。

◆コロナ禍により地方都市の不動産も大きな変動期を迎えている。北関東のある小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン