/

この記事は会員限定です

ロシア侵攻「台湾有事」への波紋 米中に戦略修正迫る

Global Economics Trends 編集委員 永沢毅

[有料会員限定]

ロシアによるウクライナ侵攻は台湾有事のリスクを改めて浮かび上がらせた。中国はロシアの苦戦ぶりや国際社会の制裁などをつぶさに観察し、武力行使も念頭に置いた台湾統一戦略の精度向上に生かすのは確実だ。脅威に直面する台湾を支援する米国も対応の修正を迫られつつある。

プーチン氏の意図を見誤る

ロシアのプーチン大統領は2021年7月に公表した論文で、ロシアとウクライナは統合をめざすべきだと主張していた。「プ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4857文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン