/

この記事は会員限定です

日本の原爆開発 苦悩の変遷、新発見の手紙に秘史

[有料会員限定]

太平洋戦争中、旧陸軍がひそかに進めたのが原爆開発「ニ号研究」だ。計画を率いた理化学研究所の仁科芳雄博士がつづった新発見の手紙が科学史研究者の注目を集めている。基礎研究を好んだ「日本の物理学の父」が戦局の悪化とともに原爆開発に巻き込まれていった様子がうかがえる。

2018年、仁科記念財団(東京・文京)の資料棚で古い菓子箱が見つかった。中には仁科氏が1938~47年にしたためた手紙の複写約1500通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン