/

この記事は会員限定です

大阪の「日雇い労働の街」 外国人・若者、多様性で新風

星野リゾート進出 変わるあいりん地区㊦

[有料会員限定]

星野リゾートの都市型観光ホテル「OMO7大阪」からJR大阪環状線をはさんだ南側は、日本最大級の日雇い労働者の街といわれたあいりん地区(大阪市西成区)が広がる。簡易宿所などに住む労働者は高齢化して人口の自然減が急速に進む一方、周辺に留学生や外国人労働者が流入。星野リゾート進出が一層の変化を促す可能性がある。

1960年の21万人をピークに減少を続け10万人割れ目前とみられた西成区の人口に、変化の兆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1509文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン