/

この記事は会員限定です

21日教書演説へ プーチン氏、疲弊する経済立て直せるか

編集委員 池田元博

[有料会員限定]

ロシアのプーチン大統領は21日昼(日本時間同日夕)、政権の戦略や指針を示す年次教書演説に臨む。新型コロナウイルス対策などに加え、持論の「強国ロシア」路線の継続を唱えるとみられる。だが米欧との関係が冷え込み、国内では経済苦境が続く中、プーチン氏は国民の関心をつなぎ留められるのか――。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

「新時代の年次教書になる」。プーチン氏の側近でもあるマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン