/

この記事は会員限定です

財政出動、経常収支に目配り コロナ後のあるべき政策

竹森俊平・経済産業研究所上席研究員

[有料会員限定]
ポイント
○財政と金融は一体として効果考えるべき
○総需要政策では潜在供給力への目配りを
○経済活力の回復へゾンビ企業の整理必須

新型コロナウイルス感染が拡大する前の主要国経済は、2008年のリーマン・ショックの後遺症のためか投資や賃金が伸び悩み、インフレ率が低かった。その状態をローレンス・サマーズ米ハーバード大教授は「長期停滞」と表現した。インフレ率の上昇を招くほどの規模の投資を生むには、実質金利がマイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2624文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン