/

この記事は会員限定です

各国・諸機関で立場に相違も EUの対中戦略

林秀毅・国際大学特別招聘教授

[有料会員限定]
ポイント
○主要国は中国への技術移転に強い警戒感
○各加盟国と欧州委員会の間であつれきも
○日欧企業が協力しアジアの新興国支援を

存在感を高める中国とどう向き合うのか、各国にとって重要な課題となっている。本稿では欧州連合(EU)の対中戦略を分析したうえで、日本企業のとるべき対応について考えたい。

EUは貿易など経済面を重視して中国と親密な関係にあった(図1参照)。そのため最近になり、2020年の香港国家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2617文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン