/

この記事は会員限定です

供給力不足、雇用・投資で解消 コロナ後のあるべき政策

滝澤美帆・学習院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○需要回復に対応できないと安定成長困難
○経済の供給力改善へ労働や資本の対策を
○生産性向上へ資源配分の効率性改善カギ

日本の2020年の実質成長率は前年比マイナス4.8%と、世界金融危機後の09年に次ぐ大幅なマイナスが見込まれる。金融危機時には輸出の減少がマイナス成長の主因だったが、今回は民間最終消費支出の減少が大きい点に違いがある。

四半期別にみると、緊急事態宣言が初めて発令された時期を含む...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2629文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン