/

この記事は会員限定です

衝撃に強い社会、出生減防ぐ 加速する少子化

岩澤美帆 国立社会保障・人口問題研究所人口動向研究部長

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
ポイント
○仕事よりも子育てを優先する社会目指せ
○感染拡大で妊娠計画先送りされた可能性
○生活不安少ない北欧や西欧は影響限定的

年間の日本人出生数はこの10年で2割以上減少し、2020年には85万人を割った(人口動態統計概数)。出生減の加速は、①20世紀を通じて進んだ行動と意識の変化②子どもを産む世代の人口減少という構造変化③今般の新型コロナウイルス感染拡大による衝撃――という諸要因が組み合わさった結果...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2612文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン