/

この記事は会員限定です

公立初「イエナプラン小学校」、広島に 学年混合で授業

[有料会員限定]

学年の異なる子どもが一緒に学ぶことなどが特色の「イエナプラン教育」を実践する国内初の公立小学校が2022年度、広島県福山市に誕生する。子どもの個性や発達度合いに応じた教育の実現をめざす。試行に取り組む現場を訪ねた。

福山市立常石小学校は瀬戸内海の沿岸部にある児童数100人の小規模校だ。22年度にイエナプラン教育に完全移行する予定で、1~3年生は先行して20年度から同じ教室で授業を行っている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1890文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン