/

この記事は会員限定です

企業選別・長期投資こそ本筋 「新しい資本主義」の視点

川北英隆・京都大学客員教授

[有料会員限定]
ポイント
○短期売買の失敗が「貯蓄から投資」妨げる
○指数連動型投信では凡庸な企業にも投資
○長くPBR1倍割れの企業は経営に問題

政府は「新しい資本主義に向けた改革」と題し、「貯蓄から投資へのシフト」と「資産所得倍増プラン」を掲げた。これに関して最初に問うべきは、貯蓄や投資とは何なのかである。そのうえで個人が投資に消極的だった理由を考えることが重要となる。これらを明確にしなければ、貯蓄から投資へのシフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン